読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サッカー

そして運命の第3戦へ...:リオ五輪 男子サッカー予選 vsコロンビア 2ー2

● 男子サッカー 予選グループリーグ第2戦 負ければ即帰国の崖っぷちのU-23代表。相手は南米の強豪コロンビア、奇しくも前回のW杯でケチョンパにやられた相手だ。 気合いの入った代表は積極的な攻撃と堅固な守備で前回とは違う健闘を見せるが、案の定という…

後がない...。:リオ五輪男子サッカー予選 vsナイジェリア 4ー5

最初の10分で4点が入るという乱打戦で始まったが、その後地力の差が出て2点を入れられ、最後ロスタイムに1点を返すのが精一杯。試合開始6時間前に現地到着したチームに負けるという体たらく。 確かに昔の代表からするとサッカーはこじゃれて、パスワー…

アズーリは悲しみが似合う。:EURO2016準決勝 vsドイツ(PK)

イタリアと言えば、アズーリと呼ばれる美しい青のユニフォームに身を包み、移動はアルマーニのスーツをこれ以上なくカッコよく着こなし、試合になれば「カテナチオ」と呼ばれる鉄壁の守備で相手を完封し、どさくさに一点取って1-0で勝つというセンスのよ…

Why Japanese People!?

4年に1度の大イベントなのに、まだ1秒も映像を見ていない。フランスで開催されているサッカー欧州選手権、通称「EURO2016」である。 まあ一言。 あのですね、日本人は一人も出場しません。MSNも出ません。クリロナも出ません。 当たり前だけど。 …

起きてりゃこんなもんさ:ロシアW杯二次予選 vsシリア 5ー0

グループ通過が決まるも、この試合の結果次第では9月の最終予選のドローに影響するという2位シリアとのホーム最終戦。前戦のアフガニスタン戦は、飛車角の本田香川を抜いて、新戦力のいいテストができたが、今回は勝利が要求されるので、現時点のベストメ…

本番は次戦:18W杯ロシア二次予選 vsアフガニスタン 5ー0

ホームさいたまで行われた今年初の代表戦。日本は10年W杯以来続いていた1トップからザキオカ、金崎の2トップにチェンジ、本田・香川を温存して臨んだ。アフガニスタンは前のアウェーで6-0とボコったので実力差は明らか。テストとしては好条件である。…

エピローグ:女子サッカーリオ五輪最終予選 vs北朝鮮 1ー0

五輪への道が断たれ、モチベーションのキープが難しい最終戦。相手はかつての難敵北朝鮮だ。だがこの試合は事実上佐々木監督のラストゲームであり、はなむけの勝利を送るためになでしこは奮起した。 目立ったのは守備姿勢の向上だった。全員が効果はともかく…

寂しい現実...:女子サッカーリオ五輪最終予選@大阪

9時過ぎ。休憩室のTVで中国の10番がループシュートのようなものを決めたとき、黙って休憩室を出た。その後一点を返したものの2-1で終了。 完全に望みを断たれたわけではないが、ほぼノーチャンスな状況に陥ってしまった。試合を見ても、二点目のシュ…

なでしこ崖っぷち:リオ五輪最終予選

川澄ちゃんのクロスは、10番とDFの競った上空を越え、落下中に「たまたまそこにいた」16番の頭に当たって相手ゴールに入った。日本中が歓喜に湧いた先制点である。 あのときの落下点にいること自体、ブッチーがサッカーの神様に愛されていることのこれ…

ロープ・ア・ドープって知らないなw ーU23アジア選手権決勝 vs韓国 3ー2

ちらっと見たら1ー0、また見たら2ー0・・・。 ダメだこりゃ、終了終了。 その20分後、 3ー2だとぉ!? 何があった!? いつのまにやら大逆転。そのまま焦ってテンパる韓国を冷静にあしらいつつ試合終了。アジア王者である。 どうやら2発くらって目が覚めた…

あの日の悲しみを突き抜けろ! ーU23五輪予選 vsイラク 2ー1

勝てば五輪出場となる準決勝。相手はイラク、ドーハの悲劇の相手であり、以前この世代にも煮え湯を飲ませている因縁の相手だ。 試合はFWコンビの高速グラウンダークロスにゴール正面でピンポイントに合わせた久保の先制でリードしたが、やがてゴール前の混戦…

さあ行け、キップは目の前だ!ー U23五輪予選

明日のイラク戦、勝てばリオ五輪出場決定である。 この世代はU16,20と肝心なところで負け、世界の舞台に立っていない。ガチの暗黒世代である。それゆえ自分も興味は薄く、ニュースで見ても関心は薄かった。 ところがカタール集中開催となった今大会、…

持つ者は惜しみ無く与う。 皇后杯決勝ー澤穂希現役最終戦

若干15歳で日本代表に選出されてから24年、その歩みが日本女子サッカーの歴史そのものを体現したもはや安易にレジェンドと呼ぶのもためらわれる選手が先日現役引退を表明した。 残り試合は所属チームINAC神戸が勝ち残っていた皇后杯の残り3試合。チ…

華麗なるサッカーショー! クラブW杯決勝 バルセロナvsリバープレート 3ー0

MSNの先発が判明した時点で、興味は「勝敗」から「勝ち方」に移った。それは正しかった。テレビのハイライトシーンに映る攻撃には、必ずMSNのいずれかがいて、息を呑むプレーを見せてくれた。 腎臓結石で準決勝を欠場したメッシは病も癒え、10番として…

お前らなど、Sで十分 ー クラブW杯準決勝2 バルセロナvs 広州 3ー0

ネイマールはおろか、メッシも欠場しスタジアムを埋めた観衆は失望するかと思いや・・・ そんなことはなかったぜ! 一人残ったS=スアレスが金満球団を食い散らかした。広州相手にハットトリックをやらかし、一人気を吐いたのだった。中でも二点目は後ろから…

歳末勤労ウィークPART2&サッカーあれこれ

昨日からパート2開始。今度は午後勤務で、0時15分までの残業つきである。 おまけに休みの日月は、同調圧力により日曜午後の休日出勤が早々に決定。稼ぐぞハッハッハ・・・。 というわけで実質休みは月曜日オンリーなので、何か考えねば。 ●サッカーあれこ…

ロシアW杯二次予選 vsシリア戦 3ー0

今年最高の大一番! と、例によって煽っていたものの、終わってみれば当然の勝利だった。 前半こそ煮え切らない展開で0ー0と、あのシンガポール戦の悪夢がよぎったが、徐々に押し戻し、ラインを抜け出して走ったザキオカさんの注文通りにDFがエリア内で押…

取り戻す輝き

再びの煌めきを。 失意のマンUから古巣のドルトムントに戻り2シーズン目、代表の10番がかつての輝きを取り戻しつつある。ブンデス開幕から、トップ下で得点にアシストに大活躍。ブンデスで無双していた頃を彷彿とさせているのだ。 もとよりボールテクニ…

さわはちからをためている。

間に合った! 5年前に世界を驚愕させ、将来を嘱望されながら伸び悩んでいたサッカー姫、マナメッシこと岩渕真奈がクォーターファイナルの豪州戦で決勝点を決めた!でかした! 次はイングランド。勝ったことのない相手だが、今の覚醒したマナメッシなら、相…