読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

NHKの本気

テレビ
 第1回目を偶然見て、あまりの面白さに驚嘆した「トットてれび」本人の生き霊が憑依したかのような満島ひかりの名演技は必見である。

 テレビ放送、あるいはNHKの歴史と共に歩んできた彼女のクロニクルをドラマ化しただけあって、セットから音楽からまあ作り込みがハンパない。登場するキャラクターも往年の大スターを豪華なキャストを起用していて面白い。1エピソードは30分とやや短いが、その分濃密でもある。

 昨日夕方、第6話の再放送があり、喜んで観た。フィーチャーされたのはある程度の年配の方ならみんなが知っている「寅さん」こと渥実清とのエピソードだ。

 喜劇役者上がりでテレビに馴染めず、周囲との軋轢を引き起こす渥実に徹子さんはそれをたしなめ、「これを読め。」と一冊の本を渡す。それは児童向けの「ほしの王子さま」。最初は適当に読んでいたが、内容に感ずるものがあり、それを指針とする渥実。やがて二人は
「お兄ちゃん。」「お嬢さん。」と呼び合い、打ち解けてゆく。

 誰もが知る有名な映画シリーズで一躍国民的スターとなっても、二人は緊密な友人関係を維持する。ゴシップ的な野暮な詮索など無用の二人だったが、あるとき渥実の方がしばらく音信不通となる。撮影現場を見舞った徹子さんを歓迎する渥実。「返事もないなんて、さては女といたんでしょ?」と突っ込む徹子さんに

「...お嬢さんはホントにバカだねえ、ハハハハハ。」

 と笑う渥実。これが二人の最後の会話となった。渥美の没後、誰もいないスタジオに佇む徹子さんの横に渥美が現れる。着ている衣装は、彼がブレイクのきっかけとなり、徹子さんと知り合った頃のピエロの格好だ。セットの町を二人で練り歩き、「男はつらいよ」のテーマを歌う二人。歌い終えると、彼は列を一人で離れて近くのお店に入り、お店の裏口に手を振りつつ消えていった。

 ...泣けました。😢 何と切ない。この前の回(向田邦子をフィーチャー)も是非見たい。今週は最終回。森繁久弥がゲスト。何とか観たいものだ。

 NHKは時おりこういう物凄くいいドラマを作るから侮れない。さすが国営放送。お見事。