読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

アズーリは悲しみが似合う。:EURO2016準決勝 vsドイツ(PK)

 イタリアと言えば、アズーリと呼ばれる美しい青のユニフォームに身を包み、移動はアルマーニのスーツをこれ以上なくカッコよく着こなし、試合になれば「カテナチオ」と呼ばれる鉄壁の守備で相手を完封し、どさくさに一点取って1-0で勝つというセンスのよいチームだ。

 好きになったのは、94年のW杯アメリカ大会だ。苦しむイタリアを何とか救い続けたのは、10番を背負ったロベルト・バッジョだった。決勝点をあげる彼のファンとなり、舞台はういに決勝。王者ブラジルとの決勝。勝負はPK戦に。バッジョの番となった。ところが彼はゴール枠外に蹴り出し、失敗。イタリアは無念の涙を飲んだ。

 これを機会に、イタリア代表と言えば、世界大会のいいところで負けるという姿が目についた。EUROでも何かPKがクロスバーを直撃した

 バキーン!

という音が耳に残っている。失敗して泣き濡れるチームメートを抱いてピッチを去るイタリア代表。不謹慎ではあるが、イタリアにはそれが似合う。

さてEURO準決勝。事実上のファイナルとも言えるドイツ戦。イタリアにはもうず~っとゴールにいるようなブッフォンが、ドイツにはATフィールドを展開する世界最高のキーパー、ノイアーがゴールを守り、1-1で延長からPK戦に。実は映像を見ていないが、ここでイタリアが負けてドイツが決勝行きとなった。

 ネットによると、ブッフォンはキッカーの方向を全員正しく予想するという恐ろしい技を披露したらしいが、女神は微笑まなかった。涙を流しピッチを去るブッフォン。コメントで代表引退を示唆したらしいが、アズーリのキーパーにはあなたがふさわしい。ロシアでもその伊達男振りを見せて欲しい。




 今日明日はお休み。腿裏の筋肉がつりまくってお昼頃20分ほど悶絶。労りましょう。夜は天気が良ければ、ちとチャリで七夕飾りでも見てみよう。ここは結構有名らしい。