読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ダラス警察は静かに暮らしたい...。

時事
 先日報道された、ダラスで起こった警官銃撃事件。

 この種の銃撃事件のエンディングとして一般的なのは、

「犯人は警官隊との銃撃戦の末射殺or自殺」

 である。まあこういう重大且つ危険な相手にはやむを得ぬことであるが、今回のニュースでは

「犯人は警察の爆弾を持った遠隔操作ロボットにより爆殺...」

 え、ちょい待ち。爆殺?どゆこと?

 気になったのでググってみた。

 すると警察は犯人との交渉(恐らく投降勧告)が決裂し、他への危害も考慮されたので、遠隔操作ロボットを使用して犯人爆弾で殺害したとのこと。で、警察が使用したのがこれである。

f:id:ponkotsuworker:20160711031844j:image

 これは米ノースロップ・グラマン社製の遠隔操作爆弾処理ロボット「Andros」と呼ばれるもの。本来米軍がイラクで使用していたものを、国防総省が警察に納入したものだ。


「...こりゃ、リアルシアーハートアタックじゃないすか。」


 そう、ジョジョ第4部のラスボス吉良吉影のスタンド、「キラークイーン 第2の爆弾」である。

 「となれば、ダラス警察には既にスタンド使いが実戦配備されていると(違う)」

 ニュースで紹介されたのは、おそらくこれが初めてのこと。ここからは妄想。

 軍事仕様なら、動作音を無音に近くすることは雑作もないこと。(真っ先に攻撃されるからねw。)で、対象に近づくと

「コッチヲ見ロォー」

「!?」

(爆発音)

 この種のロボット、200台はあるとのこと。じゃあ、「バッドカンパニー」もあるな(おい)。もはや単独立て籠りという手段は無意味。いずれ起こるであろうIS相手には、ビットorファンネルタイプのそれが躊躇なく使用されることでしょう。参院選の陰で、こういうことも起こっているんですねえ。

f:id:ponkotsuworker:20160711032141j:image
今回の事件の陰の担当者(妄想)。