読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夜勤明け

 今日明日はお休み。帰宅後はごろ寝。夕方少しチャリで出て付近をポタリング。今日は蒸して最高気温が30度超え。やや温い外気だった。

 明日は午前中に研修があるので朝勤務通りの出勤。雨が降らないといいけど。


 さて、KKBOXの新規分はこれ。ハービー・ハンコックの"LITE ME UP" である。82年の作品だが、ジャズピアノの名手がブラコンサウンド(現在のR&Bとは異なり、ちとファンク色の強いディスコサウンド。ブラコンはブラック・コンテンポラリーの略)を全面にフィーチャーし、自信もヴォーカルを取った意欲作・・・だが、ファンからは

「何しとんじゃ!?」

 と不評を買った。といってもこのアルバム、例によってメンツが凄い。キーボード・ヴォーカル・ヴォコーダーのハービーに加え、

 ドラムス・・・ジェフ・ポーカロ
 ベース・・・ルイス・ジョンソン(チョッパーで有名)
 キーボード・・・デビッド・フォスター(ブレイク前のキーボーディスト)
 ギター・・・スティーブ・ルカサー、ジェイ・グレイドン

 と、西海岸オールスターズ。

 そしてソングライティングがマイケルの「Rock with You」「Off the Wall」「Thriller」の作者であるロッド・テンパートンを起用。ルカサーの音と丸分かりのサウンドで始まる" Lite Me Up "はジェフのステディなリズムと時おり入るベキベキのチョッパーが楽しい。

 また、"Paradise "という曲はゆったりとしたテンポに美しいメロディが乗り、夏のシーサイドが似合いそうな雰囲気のある曲。デビフォスらしい美しいピアノのバッキングが光る佳曲である。

 もちろんハービーのシンセソロもいいが、バックトラックを聴くだけでも楽しいアルバム。KKBOX様様である。

Lite Me Up

Lite Me Up